子育て環境向上委員会@中野

記事一覧(27)

中野区で10月からスタート 「ショートステイ協力家庭事業」について

 この記事作成本人の経験談ですが…第二子妊娠中、病院受診後に帰宅出来ずそのまま入院となり、上の子どうしよう?と困ったことがありました。中野区では、そんなもしもの時に頼れる人がいない場合、生後43日〜3歳未満迄は聖オディリアホーム乳児院(上鷺)(1回の利用は7日間まで)、3歳から中学3年迄はさつき寮(中央)(1回の利用は11日間まで)のショートステイサービスを利用出来る、という支援があります。 困った時に施設を利用出来るのはとても有難いことですし、プロの職員の方にお願い出来ることは安心な面もあるけれど、自宅から施設まで遠かったり、慣れない環境で親子共々不安…だったりもすると思います。 それなら、親も子もよく知る近所のママ友に預けられたら、子どもにとっても環境を大きく変えずお友達も居てくれるし助かるかも!と思ったりするのですが…やっぱり万が一事故があったら責任負わせられないし、自分が預かる立場でも責任取れないし、結局預かって欲しい&預かりたい、けど実際は難しい😣…が現状かもしれません。 そこで❣️この難しい部分を区が仲介してくれる、というのが10月から始まった「ショートステイ協力家庭事業」です。勝手に「おじちゃん家おばちゃん家プロジェクト」と呼んでます(笑)ファミリーサポート(以下、ファミサポ)は日中の預かりをしてくれますが、その延長として泊まりの預かりも可能にした、というのが「ショートステイ協力家庭事業」です。現在設定されている預かり日数は1泊2日、または2泊3日となっていますが、短期間でも助かるケースもあるかと思います。 始まったばかりの事業で周知もこれから、利用者もまだいらっしゃらないそうですが、区としては協力家庭をもっと増やしたいとのこと。先日、私も登録申請してみました。 要件の一つにある資格を持っていなくても、ファミサポの協力会員になればクリア出来るとのことです。(合わせて、子育ての援助を受けたい方としたい方との支えあいを目的に始まったファミサポですが、協力会員数が伸び悩んでおり、若い世代の協力会員、短時間でも良いので絶賛募集中❗️とのことでした) ショートステイ協力家庭事業の資料写メ送りますので、良かったらリンクと合わせて見て頂き、万が一利用したい時や、協力家庭に登録してみたい場合のご参考にしてみて下さい。自分が急な入院になってしまった…などの困った時に、近所のお友達家族に区の助け(保障)を受けながら子どもを預かってもらえたら…助かりますね😊✨✨ ○「ショートステイ協力家庭家庭事業」http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d026426.html○「ファミリー・サポート事業」http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242900/d010332.html

一日だけの社会実験@多摩中央公園(東京都多摩市)

多摩センター駅から徒歩17分、中心部に大池がある広さ98500平米という多摩中央公園(市営)があります。こちらの公園が改修に向けて、何やら一日だけの社会実験!?をするというので遊びに行って来ました。http://www.city.tama.lg.jp/0000007287.htmlこのイベントは多摩市公園緑地課×市民(公園利用者)×まちづくりを専門としている民間会社との協働で企画されたもので、様々な実験がエリア毎に展開されていました。例えば…○公園通路にみんなでラクガキ&清掃○大池前テラスに  ・キッチンカー(美味しい!)  ・焚き火BAR(焼き芋、マシュマロ焼き、ホットドッグのソーセージ焼きなど)  ・ドリップコーヒー体験  ・可動式のテーブル&椅子&ブランケット貸し出し  ・野外映画上映○大芝生広場に  ・ワークショップ  ・ピラティス体験  ・野外ワーキングスペース体験○外周広場に   ・プレーパーク   ・ハンモック体験   ・緑のお絵かき場&読書空間   ・野外おはなし会…etc他にもたっくさんの実験が✨✨そして、大変印象に残ったのは…『あなたはこの公園で何をしたいですか?』『あなたはココをどんな公園にしたい?』という問いを、公園の至る所でされるのです。主体は、あなた=自分。つまり公園利用者一人一人。これまでそんなことを尋ねられたことがなかったので正直戸惑いましたが、実験を体験しながら「何がしたいだろう?」と考えてみると、気が付けば子ども達そっちのけで大人が率先してワクワク✨✨この日公園を訪れていた老若男女の皆さん、どの方も本当に楽しそうにニコニコしていました。ぜひ中野区でもやってみたいですね❣️https://www.facebook.com/events/273408053284607/?ti=icl

中野駅新北口駅前エリアまちづくり 子育て世代の意見を!!

現在、中野区では「子ども・子育てアンケート」実施中(10/22投函〆切)ですが、区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議で参考にすべく「中野駅新北口駅前エリア」への意見も募集しており、こちらも10/22必着となっています✨✨(なんとどちらも本日!!)『区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議の開催及び意見募集について』http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/nakano/d026099.html------------------------------------------中野の玄関とも言える中野駅や、その周辺エリアを利用する方は子育て世代のみならず、様々な立場、世代の方がいらっしゃいます。新しい改札(新西口)へのエレベーター設置は、ベビーカーや杖、車椅子等を使う方々にとってもかなり待ち遠しい計画かと思いますが、同時に中野の「まちづくり」についても、こうだったら良いな、便利だな〜と思うことはありませんか。中野駅新北口エリア再整備については駅の改札問題だけではなくサンプラザ建て替え後の新しい施設、駅前広場、新区役所など、まさに「新しいまちづくり」の計画もあります。子育て環境の向上は、まちづくりから‼︎子育てをしていてこんな街だったら住みやすいな…、遊びに行ったあの街は子育てしやすそうだったetc。中野という街で子育てをしている私達だからこそ、思うことや感じること。私達の意見を、中野の新しいまちづくりに生かしてもらいませんか?

【重要】6/10中野区長選候補予定者への公開質問状掲載方法不備に関する訂正とお詫び

 平素より、子育て環境向上委員会@中野の活動に、温かなご理解とご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。6月10日の中野区長選立候補予定者の皆さま、そして選挙に関心を持って下さる全ての皆さまへ、私達からの重要なお知らせです。 この度、5月19日発表の公開質問状「1.中野区の少子化とまちづくり」の掲載方法におきまして、多くの方に読んでいただくため、また、より読みやすくすることを目的として、質問部分を要約させていただいておりました。しかし、その要約によって、本来の質問の主旨と、候補予定者皆さまのご回答の意図との整合性がとれず、誤解を招くこととなっておりました。 ここに伏してお詫びすると共に、要約は行わず質問全文を表記することとし、以下のとおり訂正させていただきます。<正誤表>◎質問 1−1(誤:訂正前)中野区で育つ子どもたちにとって最も大事だと考えていることは?⬇(正:訂正後)中野区で育つ子どもたちにとって最も大事だと考えていることは何ですか?(自由にお書きください。)◎質問1−2(誤:訂正前)東京23区で中野区のみ加盟していない「平和首長会議」、未来を生きる子どもたちのために加盟する予定は?⬇(正:訂正後)東京23区で平和首長会議に加盟していないのは中野区のみです。未来を生きる子どもたちのために、平和首長会議に加盟する予定はありますか?◎質問1-3(誤:訂正前)現在の「1万人アリーナ」を起点とした中野駅北口周辺のまちづくり計画の賛否は?子育て環境の向上に繋がる再開発の施策は?⬇(正:訂正後)現在、中野駅北口周辺では「1万人規模のアリーナ」を起点としたまちづくり計画が進行中です。この計画の賛否を教えてください。また、この計画によって子育て環境の向上につながる施策があればお書きください。◎1−4(誤:訂正前)中野駅エレベーター設置の延期措置について、賛否は?設置に向けて検討したい施策は?⬇(正:訂正後)中野駅にエレベーターがなく、ベビーカーや車椅子で移動がしにくい現状がありますが、西口改札設置は2027年まで延期となりました。現状の対応について賛否を教えてください。また、検討したい施策があればお書きください。◎1−5(誤:訂正前)中野区に、ファミリー世帯を誘致するための住宅施策は必要?⬇(正:訂正後)現在、中野区ではファミリー世帯の住宅施策は特にないという認識です。ファミリー世帯を誘致するための住宅施策が必要だと思いますか? 検討したい施策があればお書きください。